depechemode dot tokyo (Since 1997)
 
 

コロンビアレコード(ソニー)と契約

2012年12月11日、ソニーが親元であるコロンビアレコードとのアルバム契約が決定した。

2011年6月、ミュートが傘下だったEMIとの3年契約が切れ、無所属状態だったバンドが交わしたワールドワイド契約である。

これによって、イギリスの老舗レーベル、ミュートを完全に離れる事になる。

これは筆者を含め、古株のファン/コレクターの方には少々残念なニュースである。というのもバンドが結成以来、ほぼ一貫して貫いてきた「BONG」のカタログナンバーが消えるからである。そしてアルバムの帯のにあるミュートのロゴも無くなる事になる。シングルリリースでよくあった通常盤のカタログナンバー「BONG」、限定盤「L BONG」、そして更なる限定盤「XL BONG」といった異なるフォーマットは、コレクター魂を湧かせただけに、これが無くなるかもしれないのは寂しい。

ミュートと聞けばダニエルミラーを想像し、彼が貫く「アーチストのクリエティビティを尊重し成長をサポートする」というビジネス理念こそがデペッシュモードの成功の要だっただけに、大手レーベルの影響で間違った決断をして欲しくないところだ。

さて、気になるアルバムのリリースは来年3月25日に。更に10月の記者会見で聞けた新曲のタイトルは、ネットで通用していたAngel Of Loveではなく、レコーディング当時の作業名だった「Angel」に決定。作曲者はマーティンゴア。

2012.12.17 07:13

ニュースの投稿

デペッシュ関連の単語を表示
 
 
 
Copyright 2009-2017 depechemode dot tokyo