depechemode dot tokyo (Since 1997)

Some Great Reward

  1. Something To Do 3.46
  2. My little girl
    Won't you come with me
    Come with me
    Tell me
    Is there something to do
    I'm going crazy with boredom
    Come with me
    Tell me
    Grey sky over a black town
    I can feel depression
    All around
    You've got your leather boots on
    I can't stand another drink
    It's surprising this town
    Doesn't sink
    You've got your leather boots on
    Your pretty dress is oil stained
    From working too hard
    For too little
    You've got your leather boots on
    You're feeling the boredom too
    I'd gladly go with you
    I'd put your leather boots on
    I'd put your pretty dress on
  3. Lie To Me 5.03
  4. Come on and lay with me
    Come on and lie to me
    Tell me you love me
    Say I'm the only one
    Experiences have a lasting impression
    But words once spoken
    Don't mean a lot now
    Belief is the way
    The way of the innocent
    And when I say innocent
    I should say naive
    So lie to me
    But do it with sincerity
    Make me listen
    Just for a minute
    Make me think
    There's some truth in it
    Promises made for convenience
    Aren't necessarily
    What we need
    Truth is a word
    That's lost its meaning
    The truth has become
    Merely half-truth
    So lie to me
    Like they do it in the factory
    Make me think
    That at the end of the day
    Some great reward
    Will be coming my way
  5. People Are People 3.52
  6. People are people
    So why should it be
    You and I should get along so awfully
    So we're different colours
    And we're different creeds
    And different people have different needs
    It's obvious you hate me
    Though I've done nothing wrong
    I've never even met you so what could I have done
    I can't understand
    What makes a man
    Hate another man
    Help me understand
    Help me understand
    Now you're punching
    And you're kicking
    And you're shouting at me
    I'm relying on your common decency
    So far it hasn't surfaced
    But I'm sure it exists
    It just takes a while to travel
    From your head to your fists
  7. It Doesn't Matter 4.45
  8. I am happy
    That I have you
    Even though you're not here now
    I know somewhere
    You are dreaming
    Though it's definitely not of me
    It doesn't matter
    If all this shatters
    Nothing lasts forever
    But I'm praying
    That we're staying
    Together
    I am warmed
    By your friendship
    Even when you're far away
    And I'm happy
    In the knowledge
    We may never see the day
    When I kiss you
    And you kiss me
    Don't pretend you miss me
    The worst kind
    Of diseases mind
    Is on filled with jealousy
    If we should meet again
    Don't try to solve the puzzle
    Just lay down next to me
    And please don't move a muscle
    I will thank you
    Most of all for
    The respect you have for me
    I'm embarrassed
    It overwhelms me
    Because I don't deserve any
  9. Stories Of Old 3.14
  10. Take a look at unselected cases
    You'll find love has been wrecked
    By both sides compromising
    Amounting to a disastrous effect
    You hear stories of old
    Of princes bold
    With riches untold
    Happy souls
    Casting it all aside
    To take some bride
    To have the girl of their dreams
    At their side
    But not me
    I couldn't do that
    Not me
    I'm not like that
    I couldn't sacrifice
    Anything at all
    To love
    I really like you
    I'm attracted to you
    The way you move
    The things you do
    I'll probably burn in hell
    For saying this
    But I'm really in heaven
    Whenever we kiss
    But Oh no!
    You won't change me
    You can try
    For an eternity
    I wouldn't sacrifice
    Anything at all
    To love
    Now I've got things to do
    You have too
    And I've got to be me
    You've got to be you
    So take my hand
    And feel these lips
    And let's savour a kiss
    Like we'd savour a sip
    Of vintage wine
    One more time
    Let's surrender
    To this love divine
    But we won't sacrifice
    Anything at all
    To love
  11. Somebody 4.27
  12. I want somebody to share
    Share the rest of my life
    Share my innermost thoughts
    Know my intimate details
    Someone who'll stand by my side
    And give me support
    And in return
    She'll get my support
    She will listen to me
    When I want to speak
    About the world we live in
    And life in general
    Though my views may be wrong
    They may even be perverted
    She will hear me out
    And won't easily be converted
    To my way of thinking
    In fact she'll often disagree
    But at the end of it all
    She will understand me

    I want somebody who cares
    For me passionately
    With every thought and with every breath
    Someone who'll help me see things
    In a different light
    All the things I detest
    I will almost like
    I don't want to be tied
    To anyone's strings
    I'm carefully trying to steer clear
    Of those things
    But when I'm asleep
    I want somebody
    Who will put their arms around me
    And kiss me tenderly
    Though things like this
    Make me sick
    In a case like this
    I'll get away with it
  13. Master And Servant 4.12
  14. There's a new game
    We like to play you see
    A game with added reality
    You treat me like a dog
    Get me down on my knees
    We call it master and servant
    We call it master and servant
    It's a lot like life
    This play between the sheets
    With you on top and me underneath
    Forget all about equality
    Let's play master and servant
    Let's play master and servant
    It's a lot like life
    And that's what's appealing
    If you despise that throwaway feeling
    From disposable fun
    Then this is the one
    Domination's the name of the game
    In bed or in life
    They're both just the same
    Except in one you're fulfilled
    At the end of the day
    Let's play master and servant
    Let's play master and servant
    Let's play master and servant
    Come on master and servant
  15. If You Want 4.40
  16. Working week's come to its end
    Party time is here again
    Everyone can come if they want to
    If you want to be with me
    If you want to be with me
    You can come with me if you want to
    Exercise your basic right
    We could build a building site
    From the bricks of shame is built the hope
    If you want to be with me
    If you want to be with me
    Even though you may still not want to
    Let tomorrow and today
    Bring a life of ecstacy
    Wipe away your tears of confusion
    If you want to be with me
    If you want to be with me
    You can come with me if you want to
    Even though you still may not want to
  17. Blasphemous Rumours 6.22
  18. Girl of 16
    Whole life ahead of her
    Slashed her wrists
    Bored with life
    Didn't succeed
    Thank the lord
    For small mercies

    Fighting back the tears
    Mother reads the note again
    16 candles burn in her mind
    She takes the blame
    It's always the same
    She goes down on her knees
    And prays

    I don't want to start
    Any blasphemous rumours
    But I think that God's
    Got a sick sense of humour
    And when I die
    I expect to find Him laughing

    Girl of 18
    Fell in love with everything
    Found new life
    In Jesus Christ
    Hit by a car
    Ended up
    On a life support machine

    Summer's day
    As she passed away
    Birds were singing
    In the summer sky
    Then came the rain
    And once again
    A tear fell
    From her mother's eye

    I don't want to start
    Any blasphemous rumours
    But I think that God's
    Got a sick sense of humour
    And when I die
    I expect to find Him laughing

神のジョーク

このアルバムに収録されている「マスター・アンド・サーヴァント」「ブラフェマウス・ルーマーズ」は、当時のイギリスのラジオではかけてもらえなかった…ということは歌詞を読んだ方にならおわかりいただけると思う。
我々デペッシュ・ファンは本作を過小評価してはいけない。「ブラック・セレブレーション」に続くまでの少々、マーティンの悪ふざけ的なアルバムでもある。「ブラック〜」でも充分重たい、ヘヴィーなソングを披露してくれたが、それに匹敵するほどの重たさが本作にある。
絶対に我々は本作を忘れてはならない。冒頭から末尾の曲まで、ハズレは一曲たりともない。

最近のテクノにハマってる人に特に勧めます

DepecheModeと一緒に青春を駆け抜けた自分にとって、彼らのアルバムというと絶対コレ。分かりやすい社会派でシニカルな歌詞とテクノな音は、今でも(だからこそ?)若者の共感を得ると思います。この頃(Construction Time Againとコレ)のDepecheModeは、労働党の広告塔とかイギリスで揶揄されてましたけど(笑)。
シングルカットされた"Master And Servant"や"People Are People"は、25年以上を経た今でもヨーロッパとかのクラブシーンで頻繁にかかります。それだけ、音も内容も古さを感じないし踊れます。特に"Master And Servant"は、今の世の中だからこそ、若者の共感を得るんじゃないでしょうか。
それ以外のシングル"Something"も、凄く綺麗なバラードですよ(歌詞はシニカルですが・・・)。その後のDepecheModeが好きな人は好きだと思います。
このアルバムは初めの"Something To Do"から終わりの"Blasphemous Rumours"まで一貫性があって全曲良いけど、欲を言うと、今なら(一貫性を壊しても)直後に出たシングル" Shake the Disease"がボーナスでこのCDに入っててもイイかなと思いました。
私が最もDepecheModeにハマってたのは"Everything Counts"から" Shake the Disease"までなので、この"Some Great Reward"が個人的には最高傑作です。

彼らの80年代における最高傑作

このアルバムは捨て曲が一切ない。全曲シングルカットできそうなくらいの楽曲が揃っている。サウンド的にはメタルパーカッションが多用されており、耽美的な美しいメロディと相まってデペッシュモードにしか作り出せないサウンドだ。今作によりヨーロッパでの地位を不動のものとし、世界的なバンドへと成長していくきっかけとなった。80年代の彼らのアルバムの最高傑作であり、入門盤としても最適だ。必聴の名盤!

若さ故の過ちみたいなものと向き合うことを要求されるアルバム。

85年リリースの4thアルバム。ここからは「ピープル・アー・ピープル」が全米トップ20およびドイツで一位という大ヒットになり、デペッシュが世界的バンドとなる足掛かりを築いた記念碑的作品と言えるだろう。

制作時には『倒錯』というタイトルが考えられていたというのもうなずける。単に「マスター・アンド・サーヴァント」でSM的な関係性を歌っているからではなく、デペッシュ史上最も甘口で分かり易いメロディとノイバウテン直系のメタルパーカッションを多用した尖鋭的な音作りのミスマッチというか、極めていびつな相乗効果のためである。ただし今となってはメロディ的にも音作りの面でももっと落ち着いてストイックな方向にシフトしているので、今日的な感覚から言えばそういった「過剰さ」が鼻につく面は否めない。

また、現在との比較で言えば最も変化したのは歌詞だろう。「ピープル・アー・ピープル」では国家や民族の対立を、「ブラスフェマス・ルーモアズ」ではキリスト教の持つ偽善的な側面をそれぞれ糾弾しているが、その切り口は何とも優等生的というか、ちょっと幼稚な印象を受ける。現在ならばもう充分人としての業の深さなり、自分自身の抱える心の闇の重たさみたいなものを自覚しているだろうから、M・ゴアにもこういった無邪気なエスプリをかます余裕はないはずである。

リリース当時はシングルヒットした3・6・7・9曲目のような派手な楽曲に目が向きがちだったが、今聴くと2曲目と4曲目がなかなかいい感じで熟成している。2曲目に関しては、彼らの音楽がアメリカの黒人(特にデトロイトやシカゴあたりでハウスやテクノのオリジネイターとなるクラバー/DJ関係者)に熱烈に支持されたというのがよく理解できる。4曲目もアレンジの過剰さを抜きにして楽曲だけを取り上げれば後に黒人音楽(特にゴスペル)の要素を積極的に取り入れたり、M・ゴアがソロ2作目でジョン・レノンのソロの曲をカバーしたり、という展開の予兆とも言えるような楽曲である。

最後に。とてもロマンティックでリリカルな美しさの漂うピアノ・バラッドに乗せて、極めてエゴイスティックで身勝手な恋愛観を歌い上げる「サムバディ」。これを聴く度に自分が高校生の時、相手にとっては迷惑でしかないような形で一方的に想いを寄せていたことを思い出す。
あたかも自分の振り返りたくない過去を踏み絵として差し出されたような感じ。たぶん、デペッシュというバンドは多くの人にとってそういう存在なのではないだろうか。

あなたの好きなデペッシュはどれ?

イギリスの国民的バンド、Depeche Mode。いろいろな変遷を遂げてきた彼らですが、しいて一番好きなアルバムを選ぶとしたら私はコレ。私が高校生のときにリリースされた作品ですが、サウンド・リリックとも素晴らしく、小さなノートにリリックを書き写して持ち歩いたほどです。

#2は、望みがない(であろう)恋の相手の女性に「嘘を言ってくれ 僕を愛していると あなたしかいないと」としか願うことができないという悲しい歌。#6は、それこそ高校の教室から外を眺めながら口ずさんだなぁ。♪I want somebody to share, share the rest of my life...ってね(照笑)。そして、大ヒットした#3。これは大学の卒業旅行(貧乏一人旅)の際に、たまたまドーバー海峡を渡るフェリーの上で知り合ったイギリス人と共に歌い、それからの友情を育むきっかけとなった思い出深い曲です。

リーダー的存在だったヴィンス・クラークが脱退した後の作品ですが、それまでの「いかにもテクノ・ポップ」というサウンドに、哀愁を帯びた人間味のあふれるものがミックスされて本当に素晴らしい出来です。ほとんど持っているデペッシュのアルバム中でも、一番のオススメです!

薦めます。

ジャケットからは想像がつかないインダストリアルな音が全編を支配しています。
この前のアルバム(「CONSTRUCTION TIME AGAIN」)あたりから、アインシュツルツェンデ・ノイバウテンの影響を受けたのか、メタル・パーカッションが多様されてます。

元々、当時のテクノポップがもつ甘いメロディーを奏でてたグループだけに、その変容振りに驚かされました。
彼らの代表曲「PEOPLE ARE PEOPLE」「MASTER AND SURVANT」あたりがかなりキテテます。まだ色褪せてない。

○○つ子のタマシイ

私が中学校の時に聞いていたアルバムです。最近CDを入手しましたが、中学校のときに襲われた不思議な感覚がまた私を包みました。それとともに、この歳(ミソジ)になって、やっとこのアルバムの本当のよさが分かった気がします。特にSOMEBODYは、今になって涙が出るほどいい歌だな、と感動しました。私の中では隠れ名盤です。

アルバムデータはThe Complete Depeche Modeに基づいています。
レビューはamazonのProduct Advertising APIサービスで取得しています。

Copyright 2009-2017 depechemode dot tokyo